自分で調べるのが難しい事を調べたい時に思いつく探偵。テレビや小説で見聞きするけど日本ではまだまだ身近ではない職業だけどどんなことを調べてくれるの?代表的な依頼の内容は?費用はどのくらい?そんな疑問を集めてまとめてみました。

探偵とは?

テレビなどで目にはするけど実はよくわからない職業ですが、人(企業)からの依頼を受け、他人の秘密をひそかに調査することを仕事としている人といえるでしょうか。現在の探偵は依頼を受けて調査した内容を報告書にまとめて依頼人に報告し、料金を受け取るというのが一般的なようです。

また日本で探偵になるのに特別な免許などはありませんが、探偵業を営む時には「探偵業の業務の適正化に関する法律」によって事業所のある地域の警察署を通じて公安委員会への届け出が必要となっているそうです。

どんなことを依頼できるの?

探偵は上に書いたように特別な免許があるわけではないので、警察や弁護士の様に特別な権限などは与えられていませんし、一般人と同じ範囲内での活動内容となりますが調査することを仕事としているので、豊富な知識や経験から一般人ではなかなか調べるのに大変であり、必要な情報を確実に近く手に入れるには最適と言えると思います。

主な依頼内容としてはどのようなものがあるのでしょう。
・行動調査(浮気・不倫など)
・行方捜査・人探し
・いたずら、嫌がらせ調査
・盗聴・盗聴器発見
・ストーカー対策
・子供のいじめ調査や見守り調査
・結婚信用調査
・企業、個人信用調査
・裁判の証拠収集など

これらが探偵に依頼出来る主な調査となりますが、依頼の多くは浮気調査であり次いで人探しでこの二つが殆どを占めるようです。

料金はどのように決まるの?

探偵に依頼しようとする時に気になるのが料金がいくらぐらいかかるのか?ではないでしょうか。多くの探偵事務所の基本的な料金体系としては以下の様になると思います。

費用総額
・着手金
・成功報酬:成果の程度に応じて後から支払う報酬金
・手数料:報告書作成費、事務費用など
・経費:交通費、機材費、車両費など
・調査費:人件費、危険手当など

これらから多くの事務所は料金を出していると思われますが、探偵業の法律でも料金の規定はありませんのでそれぞれの事務所によって料金は異なってくるものと思われますが、料金の相場を知ることで大体の目安を知ったうえで依頼する事務所を決める参考に出来るかと思います。

人探しを依頼すると相場はどのくらい?

一言に人探しと言ってもその内容は様々なので、複数の探偵事務所のサイトを見ていると難易度によって料金も変わってくる様です。たとえば昔の友人や恩師を探したい場合は依頼人は現在の連絡先がわからないとしても昔の情報はあり、現在も隠れたりすることなく普通に生活している方が多いと思われ、比較的早くに見つけられるケースが多いようです。

それに比べて、情報が曖昧だったり突然の失踪や家出の為住民票なども移してなかったり、海外に行ってしまったなど非常に困難な場合は当然日数も人員も掛かるわけですから費用も膨らんでいきます。

人探しに関しては1日単位と1時間単位どちらかの料金設定のところが多いようです。成果報酬制のところもあるようですが、大体が1日当たりなら3万円~8万円、1時間当たりは6千円~2万円の設定になるようで日数がかかる程高くなるという事の様です。

情報量が多く比較的短期で出来るものだと20~40万前後、家出や失踪などやや困難な場合は2週間程度で50から~80万前後が相場と言えるようですが難易度が上がるほどに料金も嵩み100万円を超えることも珍しくはないようです。

身元調査はどんなもの?値段も気になる。

身元調査と聞いて思いつくのテレビなどで目にするお金持ちの家が子供の結婚相手を調べるというのが想像できるのではないでしょうか?身元調査についてはあまりいい印象ではないような気もしますが、身元調査で多いのはどのようなものでしょうか?

結婚を控えている方のご家族が相手の方の人物調査を行う場合などが多いようです。
企業がヘッドハンティングしたい相手を人物調査依頼してくるという事もあります。
また個人から融資申し込みを受けた際に、返済能力があるのか、という事や、新しく取引する相手先の代表者について調べてほしいなど、いろいろなパターンがあります。

調査することでわかることは、勤務状況・家族構成・金銭関係・人柄・正確な住所・宗教団体への思想有無などです。身元調査をすることによって相手への不安をなくし信頼を確実なものにすることが出来るので自分を守るのには最適な方法ではないかと思います。

調査に掛かる費用はどのくらいなの?

身元調査の値段も人探しと同様に難易度によって変わってくる場合があるようです。やはり情報量の多さや、現在進行形であれば数日の調査で判明することが多いでしょうが、過去に遡っての調査などになるとやはり時間も人員も掛かり高額となるようです。

相場としては大体対象者本人のもだと5万~10万円、本人と家族や周囲に広がると10万~30万円程の様ですがそれにプラスして行動調査なども必要になってくると必要経費が加算されていくようです。

張り込みってどんな風にするの?値段は?

張り込みの方法としては車でと立ちんぼの2つの方法がメインとなるようです。前者は風景に溶け込む事が出来ることで目立ちにくく多く使われるようですが、車が入れない路地や駐車できない場所での張り込みとなると後者になりますが、何時間も同人物が同じ場所にいることは不自然になるため、交代したり喫茶店や知り合いの許可を得られる建物や許可の要らない公共の建物を利用することもあるようです。

車の場合は窓にスモークを張ったものを使い後部座席から張り込むのが基本となるようです。どちらも長時間になると近所の人に怪しまれてしまうことで警察に通報されるようなことも。あくまで対象者にばれなければ良いので近所の方に根回ししたり、依頼者に対象者のその日の服装や行動パターンなどを知らせてもらうことで時間の短縮を図るなどもあるようです。

立ち張りの場合は周囲に溶け込めるように業者に変装したり、不意に話しかけられたりした場合の答えも用意するなどの事前準備も必要な場合があるようです。

離婚で探偵に掛かる金額はどうなる?

離婚する際に有利な証拠を確実に得るために探偵を使うという時その費用はどうなるのでしょうか?自分で証拠をつかむよりも確実な分やはり費用も掛かります。そこで気になるのが探偵費用は相手側に請求できるのか?という点ではないでしょうか。

探偵に素行調査などで離婚に確実な証拠を得られるように依頼すると金額は様々ですが大体30万~かかり、高くなると100万円を超えることもあるようなので慎重にいきたいものですね。

離婚に際して探偵による調査が必要であったと認められる場合は請求できる事もあるようですが、相手がすでに浮気や不貞行為を認めている場合は必要とはみなされないことが多いようです。しかし、訴訟や離婚の話し合いになってから認めていた発言を取り消す例もありますので万全を期すために調査しておくにこしたことはないようです。

過去の例から見て、探偵に掛かる費用が認められるのは慰謝料の1割程度であり、認められないことも多いようです。一般人の慰謝料は婚姻期間や離婚の原因にもよりますが100万円~400万円が多いとのことなので10万円~40万円ということになるでしょうか。

浮気調査を依頼した時の相場は?

探偵に依頼される内容の№1が浮気調査とのことなので探偵事務所のサイトへいくとたいてい浮気調査の事が大きく取り上げられています。調査料金としては人捜しと同様に1時間、1日当たりの料金設定が主流の様です。1時間は1.5万円~2万円前後、1日だと5万~6万前後が平均となりそうです。こちらの場合は探偵社としても利益を得るために5時間以上~などの設定がある所も。

成功報酬制を設けているところもありますが、何をもって成功とするかは人によって見解が違ってくるので、トラブルになる例も多いようですので注意が必要です。

日数を定めて時間制よりもお得な設定になっているパック制(10日間×1日4時間=30万など)を取り入れているところもあります。お得である半面設定よりも短い日数で結果が出た場合は損をしてしまいます。

浮気に対する情報量(名前・年齢・住所・勤務先他)が多いと調べる項目も少なくなり、また浮気相手に会うであろう日にちが特定できているなどすることで調査してもらう日や時間を短縮出来、費用もおさえられるようです。

日数や内容により値段もまちまちと言えそうですが、実際の金額には実費分や着手金などが加算されたりもするのでここまで見てきた内容では大体1週間~10日間の調査で30万~50万が平均ぐらいでしょうか?

まとめ

日本ではあまり知られていない探偵。いざ頼む必要になったとき料金体系にも特に決まりがない分、いわゆるぼったくり等があるのも事実なようです。信用できる探偵社選びはとても大切なことですね。相談料は無料となっている所も多いのでまずは相談を申し込んで疑問点や料金についてしっかり説明してくれるところを見極めるのが重要とい言えそうです。

決して安い料金ではないものなので、しっかり納得する結果が得られる所に出逢えるといいですね。